Welcome Guest [Log In] [Register]
Add Reply
タッチ操作向けのアプリでは実現できない
Topic Started: Feb 13 2017, 10:20 AM (3,297 Views)
salesoftj2


Windowsタブレットの市場占有率は、米Appleの「iOS」タブレットとAndroidタブレットに及ばないのが現状である。Microsoftは同社の「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」でビジネス界との関係を保とうとする戦略の一環として、iOSタブレットとAndroidタブレット向けのOfficeアプリをリリースしている。 この戦略の大きなポイントは、どのOSでOfficeアプリを実行した場合でも見た目と操作性が変わらないので、すぐに使用できることだ。例えば、Office for iPadを使用したことがあれば、Office for Android Tabletのレイアウトは知っているも同然である。 

Windowsタブレット向けバージョンのOfficeアプリの見た目と操作性も同じになるとされているwww.salesoftjp.com。これは重要なポイントだ。この状況から、Office for Android TabletとOffice for iPadは機能を限定した「簡易」なエディションではなく、フル機能を搭載したエディションであることが見て取れる。 ただし、裏を返せば、Office for Android Tabletには追加機能がないことを表している。既存の機能が新しいプラットフォーム用に再構成されて移植されただけの製品ともいえる。リボンツールバー Windows版のOfficeを長年使用していれば、タッチ操作に最適化されたOfficeに戸惑うことはないだろう。

Office for Android Tabletでも、Officeでおなじみのリボンツールバーが採用されている。ただし、デスクトップ版でずらりと並んでいたアイコンは減り、使用頻度の高い機能のアイコンのみが表示されるシンプルなデザインになっている。 この変更により、見た目がすっきりした。また、画面要素の間には十分な空間が確保され、必要な画面要素だけを指先で操作しやすくなった。使用頻度の低い機能は削除されたわけではなく、アイコンをタップしたときに表示されるポップアップウィンドウに移動されている。 この配置は、これまでのOfficeでも採用されており、新しいバージョンでさらに活用されているにすぎない。これまでMicrosoftは、リボンツールバーにできる限り多くのコントロール要素を詰め込むことで、クリック回数を減らすことを試みていた。

このちょっとした利便性は、タッチ操作向けのアプリでは実現できない。 機能の重複を減らすために、タブレット向けOfficeでは他にも簡素化がなされている。例えば、Windows搭載PC向けの「Word 2013」では、マウスでテキストを選択すると、書式設定を行うための小さなアイコンが多数配置された分かりにくいポップアップウィンドウが表示される。これらのアイコンはリボンツールバーにもある。Office for Android Tabletのポップアップウィンドウに表示されるのは「切り取り」「コピー」「貼り付け」アイコンだけで、シンプルなデザインになっている。書式設定は常にリボンツールバーで行う。Android版はWindows版とほぼ同じ Office for Android Tabletの見た目は、Office for iPadと完全に同じわけではない。

むしろ、Office for iPadよりも、今後リリースされるタッチ操作対応のWindowsタブレット向けバージョンに近いものになっている。例えば、Office for Android TabletとWindowsタブレット向けのOfficeには、どちらもリボンツールバーに「ファイル」メニューがある。だが、Office for iPadにはこのメニューがない。これはAppleがMicrosoftに「ファイル」メニューの代わりとなるメニューを求めた結果だ。 この違いは各バージョンの利便性を左右するものではない。3つのバージョンはほぼ同じで、別のバージョンのOfficeに切り替えても操作に戸惑うことはない。職場でOfficeを使用する AndroidタブレットでWord、Excel、PowerPointを使用するユーザーの多くは、異機種混在環境でOfficeアプリを使用することになるだろう。

そのような環境では、WindowsやiOSなど、異なる種類のOSを搭載したデバイスとファイルを共有する。そのため、Androidタブレットでファイルを編集した場合に変更されるのは編集した箇所だけで、他の箇所は変更されないことが重要になる。 米TechTargetがOffice for Android Tabletをテストしたところ、このプロセスはシームレスに処理されたMicrosoft Office 2016ダウンロード。Windows、iOSおよびAndroidを搭載したデバイスで実行しているWordで編集したドキュメントを何回もやりとりしたが、問題は起こらなかった。 このプロセスは、Officeに統合されているMicrosoftのクラウドストレージ「Microsoft OneDrive」を使用して処理される。

そのため、処理がプラットフォームに左右されることはない。未解決の問題 Office for Android Tabletはリリース間もないため、幾つかの問題がある。 現時点で、「Android 4.4」(KitKat)は完全にサポートされているが、「Android 5.0」(Lollipop)はサポートされていない。Word、Excel、PowerPointはLollipopでも動作するが、幾つかの小さな不具合が発生している。 また、現在Office for Android Tabletは、ARMベースプロセッサ搭載のタブレットしかサポートしておらず、Intel x86チップ搭載のタブレットでは動作しない。 
Offline Profile Quote Post Goto Top
 
1 user reading this topic (1 Guest and 0 Anonymous)
« Previous Topic · General Discussion · Next Topic »
Add Reply